1: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:03:41.97 ID:SSZtInCL0 BE:479913954-2BP(1931)
ことしの受賞可能性と今後の懸念

文部科学省の集計によりますと、ノーベル賞のうち「医学・生理学賞」、「物理学賞」、「化学賞」の自然科学系の3つの賞では、
21世紀に入ってからの日本人の受賞者数が15人と、アメリカに次いで2番目となっています。
この背景について、国内の研究環境に詳しい文部科学省科学技術・学術政策研究所の赤池伸一科学技術予測センター長は、「ノーベル賞は、学術的な成果が出たあと、受賞までは通常、20年ほどはかかる。
最近の受賞者は、1980年代から90年代の研究業績で受賞しているが、この時代は大学も企業も基礎研究を重視し、90年代初めには学術論文の数が世界で2位になった。
日本の研究が世界に追いつき、独創的な研究を目指していた時期で、その頃の成果がいま実を結んでいる」と分析しています。
そのうえで、「その頃の研究成果を見ると、材料の研究や医学、薬の原料の研究などで大きな成果を挙げた分野が多く、ことしも受賞する可能性は十分あると思う。
ただ、最近は博士課程を目指す学生が減っているので、この先どうなるかが心配だ」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161002/k10010714831000.html

18: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:19:29.60 ID:GpUcn/az0
>>1
ノーベル賞もらう人はある程度高齢にならないともらえないの知ってるのか?

29: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:27:45.43 ID:dpGhBC5VO
>>18
平和賞も?

55: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:42:27.38 ID:9s8z9vjP0
>>1
当然の話

65: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:49:32.82 ID:ZqvvVqsF0
>>1
まったく民主党はロクなことしなかったな

95: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:22:27.53 ID:ayrs2yDd0
>>1
そんなもん、山中さんが異常なだけで21世紀になってからの受賞を見たら分かるだろ
南部先生なんかあれだけの成果を出したのにやっとだし。
戸塚先生は待ちきれなくて死んだ。
NHKは頭悪いの?

2: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:04:14.90 ID:lovE3NtF0
そのために研究費が必要なのにどっかのバカが

13: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:15:53.99 ID:DkFmitSe0
>>2
大隅教授も遠まわしに言ってたよな、何度も

78: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:58:37.83 ID:1hs6Fg0v0
>>2
そりゃ中国人だもの
日本が2位でダメなんですか?

99: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:26:24.93 ID:0IevxmMK0
>>2
あれは、予算だけじゃないぞ。
半年以上の時間もぶっ潰してるからな。

3: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:05:35.83 ID:mXrju2iz0
少子化と基礎科学という人生潰しの学問をやることの疑問。
成果がでずに人生終える人のほうが多いだろ

26: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:26:22.78 ID:QuF/gCSL0
>>3
こういうのも違う
功なり名を成さない人生は無意味って考えはあまりにも幼稚

4: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:06:04.82 ID:3z/x7VyH0
今更すぎる。
こんなこともわからない政治家とか役人はいないよな、まさか?

5: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:07:31.31 ID:TYXDKNHs0
またバブル起こせって?

6: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:08:18.00 ID:z2hlJXyk0
これは日本が悪い
ノーベル賞を辞退すべき

7: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:08:34.22 ID:H2lBZuL80
ってことはこれかは減る一方
論文引用も中国に抜かれたしこれから先は中国が取りまくる時代だな

8: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:08:54.29 ID:q2Zyke3i0
じゃあ20~30年前と同じように科学研究に力を入れるべき

はい論破

58: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:42:46.39 ID:jdC5+LR60
>>8
これがアホというやつか

9: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:13:14.77 ID:5OKvKXAg0
あー確かにそうなのかもなー
でもそれで別にいいんじゃね?

10: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:13:19.36 ID:5tIZGXcPO
要するに昭和天皇が崩御してからいろいろと体制が変わったんだよね
その変わった体制が成果を出せてない災害も頻発した
もう神様からダメ出しされてんだ位の欠陥体制なんだが

まだ執着はあると。変わった直後は上手く行ってたとか言い出したら中華

11: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:14:39.77 ID:cBoFuiLy0
2位じゃダメなんですか(笑)

12: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:14:50.59 ID:h99pkKPB0
その前から基礎研究はやってっから

14: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:16:15.08 ID:/12SYNhM0
中国韓国の方が最近の学生の学力は圧倒的に上らしいからその内抜かれるのは分かりきってる

15: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:17:07.63 ID:F9FGyD3s0
>>14
「らしい」からの流れるような「分かりきってる」流石だわ

24: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:24:32.06 ID:woAfo/Fu0
>>15
鋭い指摘

36: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:30:28.88 ID:LEvPu96N0
>>15
たしかに

16: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:18:15.96 ID:MVanZnjQ0
江崎玲於奈や湯川秀樹、川端康成
はい論破

17: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:19:10.73 ID:fNlam2wi0
てことは受賞作品は今となっては古いということなの?

19: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:20:12.77 ID:pL0hWoSq0
IPS細胞

はい論破

20: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:22:21.53 ID:QuF/gCSL0
科学のみならず「こんなの何の役にたつの?いらなくね?」ってすぐ喚くバカが湧き過ぎ

21: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:23:51.50 ID:mf4aimMG0
こんなに報道要らない。
取りました、おめでとうございます。
だけでいいのに、中学の頃の同級生とかひっぱり出したり、どんな人とか詳しく紹介したり…
どうでもいいし、うざいだけ。

59: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:43:09.40 ID:94uPSY6e0
>>21
品がないのは昔からだが、いい加減にしろだよな

92: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:06:57.88 ID:mf4aimMG0
>>59
今朝なんてこれと台風情報しか見てない。
ニュースなんて出社前のしか見ないのに、
他のチャンネルも一斉に同じことばっかり。
いい加減にして欲しい。

96: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:24:01.43 ID:txhD3FTb0
>>21
一番酷かったのは15年ぐらい前に田中さんが受賞した時だな
親しみやすい感じだからかいつにもまして報道が過熱し
どっかの局の女子キャスターがノーベル賞パーティーの料理を作る厨房に
土足で入り込み手づかみの昆布を振り回しながら「田中さん昆布好きなのでコレ使ってください!!!」
と嘆願して追い出されていたのはさすがに叩かれていた

22: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:24:09.91 ID:P5h5c/vc0
日本の人口と税収が増える研究が成功しなかったから無理です
はい論破

40: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:32:51.55 ID:3z/x7VyH0
>>22
様々な無意味に思える研究からとんでもない答えが生まれるんですが

23: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:24:20.76 ID:kjWCuiu80
やっぱりお金かけて研究しないと成果は出ないよ。
事業仕分けの傷は後々痛んでくる。

25: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:25:46.04 ID:nQghcLJq0
一理ある
謙虚に驕ることなく成果をあげ続けられる日本を目指そう

27: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:27:32.37 ID:EPyhm0v70
「基礎研究」というジャンルの存在すら知らない国民が80%だと思うぞ

28: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:27:35.78 ID:H7eQo9a90
失われた20年か
そろそろ30年になりそうだけど

30: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:27:53.73 ID:AgrkpoxF0
KBS日本支局がなんか言ってるぞw

31: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:28:32.11 ID:jooQFG180
札束の殴り合い・・・って、どっかのソシャゲみたいだなw

32: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:29:15.01 ID:e57iwGOi0
老害

33: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:29:34.87 ID:RiaSjPwW0
文系に回す金を全部理系に回せ。

43: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:33:28.39 ID:3z/x7VyH0
>>33
正解

34: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:29:45.52 ID:Geefhu9a0
めいろま ?@May_Roma 2 時間2 時間前
金持ちの老人やバブル経験した大人がいうことは全然役にたたないね。
若い人は金を使え、大学は遊ぶところ、3年は我慢しろ、家は買え、とかね。
貯金すらできない人が多いのに。

35: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:29:52.09 ID:VHBlzkAY0
この手の話をしだすと、「昔のようにお金をかけないとだめだよねー」という
回顧主義的な考えが出回るんだけどね
NHKは分かっていてこういうことを言っているのか気になるわ

昔みたいにジャブジャブお金が使える状況になれないと分かると、蓮舫みたいな
スパイが事業仕分けでお金を精査しましょうと言い出すw化学のかの字も知らない
やつがなw歴史は繰り返すだよ

37: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:30:37.72 ID:rdxWnD6F0
賞がほしいならモンドセレクションでいいだろう

38: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:30:57.18 ID:DAVJ80oJ0
これ嘘

バブルの頃は株屋に就職する理系がいっぱいいた。
研究続けたりメーカーに行くより手っ取り早く銭稼げるから。
これの方がやばいでしょ。

39: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:32:03.44 ID:lvo6Cdsi0
論破ールーム

41: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:32:58.85 ID:3G1VVj/a0
受信料高過ぎだから教育費が減るんだよ

42: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:33:24.60 ID:oM4NZkpY0
今回受賞した先生は、目先で結果・利益の出る研究ばっかりじゃダメだ
言ってたね~

こういうのは国家百年の大計で長い目で予算配分もしないとね

44: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:33:59.36 ID:3z/x7VyH0
>>42
超絶正解

45: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:34:12.10 ID:2/CuBWyr0
そもそも85~95年頃の成果って特別多くないじゃん。
山中教授や去年の梶田教授は2000年代の成果だし、
2000年代受賞者は大村博士もそうだが、80年より前の成果が多いぞ。

46: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:34:22.60 ID:PBtTLINk0
実が結ばないように仕分けた馬鹿がいたよね♪

48: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:34:44.59 ID:I/i/Nb9o0
研究にいくらでもカネが必要なのはその通り
ただ科学者も金欠を大袈裟に言うからな

49: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:36:19.31 ID:wM68mOEM0
今のゆとり世代に研究費を付けても、大隅名誉教授世代のような成果は
出せないだろう。

56: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:42:33.52 ID:lovE3NtF0
>>49
とりあえずそのゆとり世代、スポーツでは世界で通用する人材がたくさん出てきてる
上の世代が出来なかったことをしてるよな

82: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:00:40.69 ID:Vpmn5hQc0
>>49
マイナスの部分しか見てないからそう思うんだろう、実際ヤバいヤツはヤバいだろうし

だが(俺自身は無能)俺と同年代の友人達は皆びっくりするほど優秀だぞ
仕事や研究の話聞いてはいつもたまげてるわ

50: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:38:32.59 ID:e1zdcNHA0
受賞者がみんな基礎研究が大事って言ってるけど、現状に危機感抱いてるんだろうな

51: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:39:09.08 ID:eNhj6eCL0
山中教授はマラソンして募金募ってたわな

52: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:40:52.98 ID:DaZbugXH0
それを2位じゃダメなんですかと削減したバカがどこかに居ましたね

53: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:41:03.89 ID:i1fyBR4a0
日本人は海外が最先端だという幻想を持ち過ぎ。

医療の環境や技術は圧倒的に日本だよ。
海外から治療うけに来るんだから。

日本がやらないといけない仕事が多いんだよ。

54: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:42:13.66 ID:kUpq+V5D0
日本人がと言ってるが
外国人がとってるノーベル賞も20年以上前の実績だ

白髪のおっさんばかり

57: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:42:35.71 ID:diR38u3WO
受賞者に蓮舫についてコメントしてもらいたい。さぞ恨みがあるだろうからな。

60: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:44:01.86 ID:sn2ASKR20
知ってた速報
ポッと出ニワカのシナチョンが取れないのも当然

61: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:45:07.50 ID:DSJLoSGs0
そんなのずーーーっと言われてるだろ
今更過ぎる
すぐに評価されるならあんな老人だらけなわけがない
山中は凄すぎ

62: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:46:39.02 ID:Jk4G5crl0
大学や研究機関に金がない
もうだめだろ

63: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:46:54.25 ID:sk18Dw020
ナマポや障害者が金を欲しがるから研究費は削られます

64: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:48:08.20 ID:Fy8tGP4b0
もう一等国じやないんだよ

66: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:50:18.27 ID:mRTingjf0
今回は単独受賞なんだな。
いつも共同受賞者一覧の最後尾に日本人の名前がこっそり紛れ込んでいるって感じだったからびっくり。
文学平和のゴミ分野を除く賞で単独受賞って何人目?

72: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:53:33.96 ID:SePSoOMY0
>>66
湯川、利根川、川端、大江に続く5人目
文学賞以外なら3人目
生理学・医学賞では2人目

83: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:01:06.24 ID:mRTingjf0
>>72
3人目か!
単独受賞は価値が高いよねえ。

去年とかはオマケ受賞者が日本では主役のように報じられたけど。

91: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:06:19.70 ID:7AuF6H8b0
>>72
まあ、ロックフェラーだからな

67: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:50:27.76 ID:DnJhhEsb0
???「2位じゃ駄目なんですか?」

68: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:51:14.36 ID:MQmiH4AL0
民主党が政権盗っていた時に科学研究は大ダメージを受けたからな
事業仕分けとか言って科研費を廃止させられたりしたし

70: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:51:30.46 ID:y5Nkbppv0
どっかの馬鹿政党が研究予算減らしまくった件はスルーか?

71: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:52:42.41 ID:0cirtCbu0
今の若者世代にはいないということかな

73: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:53:40.08 ID:7Vdza+E10
だからレンホーが必死で削ってたのか

74: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:53:56.12 ID:g0coH1uy0
どっかの政党に削られた分が今になっても復活してないならその後の政権も全部共犯じゃね?

75: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:54:54.49 ID:OkzhLIWj0
その更に前からの基礎研究って言うとやはり軍事利用が前提の研究って大事なんだよね

って結論になりますよね^_^

77: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:55:50.45 ID:N3AR0riB0
さて今日のノーベル賞はいかなる国に・・・

79: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:59:29.69 ID:2hI8GW7c0
山中は違うやん

81: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:00:37.52 ID:IJqg0IFU0
>>79
あれは特別

80: 名無しさん 2016/10/04(火) 13:59:37.04 ID:tBmvOvK80
ネトウヨ「日本人は世界一優れた民族だからノーベル賞いっぱい取っちゃうよ!」

↑俺らの世代以下はもうアウトなの?(´・ω・`)

84: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:01:19.32 ID:mdiL4MJr0
日本の絶頂期は80年前だと思う

86: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:02:49.94 ID:2hI8GW7c0
戦前でもノーベル賞は取れてないけど沢山いたやん優秀な人
戦前基礎研究に金掛けてたこか言えばそんなことはないわけで

87: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:03:06.16 ID:m+kx/IQA0
だから研究費減ったのは、お前らマスゴミが持ち上げた某政権のせいだろ
論文書くにも、研究費必要なんだよ

88: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:03:08.00 ID:3+0YoJvA0
0になることはないだろうけど山をくり抜いてニュートリノ検出器作るなんて今じゃ無理だろ。

90: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:05:56.60 ID:IJqg0IFU0
>>88
炭鉱の跡地だからさいしょからくりぬかれてたんじゃね

89: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:04:09.40 ID:K1W8cBlI0
バブルの遺産だってのは10年くらい前から
言われてたよ
今は予算が出ないなんて言うけど
そらバブルの時とは違いますよ

93: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:14:29.40 ID:2/CuBWyr0
ノーベル賞級の人材が出るかどうかは、予算よりも国民の知的生産への意識を規定する文化構造の方が重要だ。
オーストラリアなんかあれだけ富裕で、そこそこ国家規模があり、イギリスの教育システムを移植されながら、
戦後二人しか受賞者が出てない。

94: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:14:49.99 ID:7VpuC44w0
お前ら重要な事忘れてるだろ。
NHKは日本が絶頂期に研究費かけたからノーベル賞取れた、今後は無理だみたいに言うけど、
大隅さんは米国に研究拠点置いてノーベル賞取ってるんだぞ。

今後も米国とそれ以外とで研究費に差が付きまくって米国中心に受賞者が出続けると思う。
文学賞と平和賞がそれ以外の国向けのノーベル賞か。

97: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:25:21.16 ID:g0jZ88AB0
てことは、あと20年くらいしたら韓国人初の受賞者が一人くらい出て
そのあとは中国人だらけになるのかな

98: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:25:46.76 ID:wv4/5VqO0
過去は指導教官がもう少しマシだっただけ

100: 名無しさん 2016/10/04(火) 14:26:34.43 ID:Vl+6tJTC0
山中先生だってがん免疫療法の先生だって比較的最近の話やで
バブルとは関係ない